そのココロは?

家族の会話を心理学的に見てみたりしつつ、子供を面白がりつつ、育児とか大げさなことは言わず、家族で暮らすのって楽しーな。くらいで。

生きてる実感=五感

自覚がないところまで頑張って強制終了。

 

仕事をしていない、稼いでいない自分になったことを

悔やんで、責めて、泣いて、投げやりになって

 

新しい土地で、新しい出会いがあって

拗ねたり、不貞腐れたり

つらすぎて安定剤の助けを借りたり

 

なにかにすがりたくて

心理学を学びなおして

(過去に学んだ知識は、自分で自分に適用できなかった)

 

「そしたら今度は頑張ってみようと思う気になるよ」

 

頑張ってみようなんて、もう思わない。

だって頑張るからしんどいんだもん。

がんばれる自分になんて、ならなくていいんだもん。

 

がんばるなんて、もうしない。

夫の庇護で生きていくんだもん。

経済的な自立なんて誰も期待してないし

私がバリバリ稼ぐのなんてむしろ迷惑だもんね。

 

実は、頑張らなくても生きている実感は

いつでもどこでも感じられる

 

生きている実感は、五感

五感を満足させることを「がんばる」ことが

まずは目標。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラ、ブレを許す

気分のムラ、体調のブレ

 

こんなんじゃダメだ、

早く元の状態に治って、

子供に優しく、家事はテキパキ

仕事をしてから、

カフェに行って読みたかった本を読んで

 

 

今日はやりません。

だって、消えたいほどのしんどさ。

薬を飲んだからいい感じに朦朧。

 

カーテンを閉めて、電気を消して

毛布にくるまって

 

死にたい

消えたい

もういやだ

こんなところも

こんな自分も

お母さんは苦手だけど

死ぬまでに一回は御礼を言いたい

妹も。

お父さんも、ついでに。

 

今日はトコトン落ちる。

 

諭吉

お金が好きなんです。

特に一葉さんとか諭吉さん。

もう、好きすぎる!!

 

あぁ、、、うっとり。

もっともっともっとうっとりしたい!

 

この欲求はフェチに近いのかもしれないので

ナイショなんですが

一万円札を見ると、とてつもなく幸せな気持ちになるんです。

 

お金って不思議ですよね。

お金という媒体(紙幣、硬貨)そのものでも

うっとりいい気分にさせてくれて

サービスや商品に「変身」しても

うっとりいい気分にさせてくれる。

 

あぁ、、、すばらしい。

 

お財布には、変身用の諭吉さん。

封筒には、うっとりする用の諭吉さん。

この洋服もパソコンも、諭吉さんが変身したもの。

 

あぁ、もっともっともっとうっとりしたい。(恍惚)

 

今までお金を貯める楽しみを感じたことなかった私が

どうしてこんなにお金を愛おしく感じるのだろう。www

 

変態っぽくなってきたので、このへんで。

ではまた。

△を◯にする

ちょいちょい気になっていたバッグの中。

 

マチの広い容量の大きなバッグが好きなのでトートバッグを愛用してますが。

 

ジェーンバーキンが籠バッグに無造作に荷物を突っ込んでいるのをみた

エルメスの社長がバーキンを作った、のは有名な話ですが。

 

トートバッグは、バッグインバッグ必須。

鍵、小銭入れ、財布、ハンカチ、スマホ、常備薬

電池、ポストイット、診察券、イヤフォン、お菓子

充電器、投函する封書、、、

 

それ、持ち歩かなくていいよね?って物が入ってる。

 

それから財布の中。

財布の一等地に一番使わないカードが入ってる。

 

不自由していないけど、快適にしたい!

△は◯にするのだ!

 

ポストイットいっぱい出てきた。

いろんなところから飴出てきた。

探してたハンコ出てきた。

 

快適にしていこう!

 

 

受取許可の受動と能動

受取許可の練習をしています。

無邪気にありがたく受け取る。

 

それを循環していく。

 

そして今日、気づいてしまった!

受取許可には、受動と能動があることに。

 

受動の受取許可は、たまたま。

棚ぼたで、わらしべ長者的に受け取る。

 

能動の受取許可は、おねだり。

欲しいものがある場所で、ちょうだいと言って受け取る。

 

やりますよ、じゃなくて、やらせて。

受け取りますよ、じゃなくて、ちょうだい。

 

欲しいものを欲しいと言って受け取る。

 

欲しいものがあるのに、欲しいと言わないのは、もはや受取拒否。

 

欲しいなら欲しいと言う。

 

これ、超重要。

 

 

 

私も、って言う。

子供の頃、言えなかった言葉。

恥ずかしくて勇気が必要で

言ったらお母さんに笑われそうで。

 

・私もやりたい

・私も欲しい

・かっこいい

・憧れてる

・大好き

 

これを言うと、自分が「下」なことを

認めるみたいで

 

そんなのなくても大丈夫

別に欲しくない

どうでもいい

関係ない

 

つまり、、、

お母さんの顔色見て、笑われたくなくて

好きなものを好きと言えず

欲しいものを欲しいと言えず

 

 

「私もそれ、やりたーい!!!」

 

「私もそれ、ほしーい!!!」

 

羨ましがられようと頑張るより

ステキなものを羨ましがろう!

感情を手に入れる

私は、ニヤってしたい。

これが感じたい感情。

 

これを決めるまでは

「ホッとしたい」

「幸せになりたい」

「平穏で穏やかな」感情を求めていました。

 

これが、叶わないんだなー。

ドキドキしたり

怖くて涙が出たり

怒ったり、イライラしたり

「平穏な気持ちで過ごしたいだけなのに!」って

絶望感&悲壮感たっぷーり。

 

幸せで、平穏で、ホッとできる

 

それは受け身な感情だったから。

外からたくさんの出来事や刺激がやってくる。

 

そして、

怒ったり、泣いたり、イライラしたり。

 

感じたい感情を取りに行けば、

いちいち気にならない。

 

こんな気持ちになりたいな。

そう思うなら、その気持ちを取りに行く、と思えばアクションも変わる。

(ここ数日の体験談)

 

 

今日は美味しいお料理作って

家族が美味しそうに食べる姿を見て

ニヤっとするのだ。