そのココロは?

家族の会話を心理学的に見てみたりしつつ、子供を面白がりつつ、育児とか大げさなことは言わず、家族で暮らすのって楽しーな。くらいで。

お金の使い道

もっと、と願うのは

単に欲であり、悩みではない。

 

ふとそんなことを思って

じゃあ、なんでもっとお金が欲しいんだろう?と。

なんで、悩みになってしまうのか。

 

それは、母親にプレゼントしたいからだ。

 

プレゼントができない経済状況を

申し訳なく思っている。

つまり、

「お母さん、お金なくてごめんなさい。

喜ばせてあげられなくてごめんなさい。」(罪悪感)

 

それはつまり。

「お金があればお母さんに愛される」

「お金のない私はお母さんを喜ばせられなくて愛想をつかされる」

「お母さんにお金の心配をかけたら、お母さんに嫌われる」

 

お母さんを喜ばせていない私は・・・

 

お母さんを「世界」とか「世の中」に置き換えて読んでみる。

 

稼いでない罪悪感、半端ない。汗)

世の中に貢献してない罪悪感、めっちゃ根強い。

 

愛されたいと焦るほど

お金のなさに罪悪感が強くなる。

 

お母さんにありがとうと言われたいと

頑張ることが

お母さんを「貢がなきゃ愛してくれない」人に仕立て上げる。

 

お母さんを貧乏扱いして

お金で助けてあげることで

ありがとうと言われ、

愛されてると確認する。

 

まさにコント。

 

だって、お母さんは

今も稼いでるし

むしろ惜しまずに人にお金を使っているし

 

私、いつお母さんが貧乏だと思ったんだろう?

 

欲しいものを買ってもらえなかったから

反対された理由を、お金がないせいだと

「思い込んだ」んだ。

 

私ひとりが、

お母さんはお金に困ってるから

私が稼いで、何かあったら助けてあげて

プレゼントして喜ばせて

「あげないと」って思い込んでた。

 

お母さん、好きなものめっちゃ買ってるのに。笑

 

お母さんは、困ってないし

くれくれ星人でもない。笑

 

なーんだ。

 

#お金欲しい

#お母さん

 

 

 

親に言えない言葉

親に一番言えない言葉をリストアップしてみる

 

・お金ください

・お母さん大好き

・お父さんありがとう

・育ててくれてありがとう

・私、幸せです

 

 

どれが一番言えないかって

「お母さん大好き」

 

もう、涙声になって言えやしない。

こうやって書いてたって涙が出る。

 

これから、この言葉たちを

毎日自分に言ってみます。

 

きっと絶対何かが変わる。

これは確信。

 

問題が起きる環境作り

問題を解決しても また似たようなことが起きる

 

なぜなら

その人が「問題が起きる環境を作っている」から。

無自覚だけど。

 

夫にへりくだる

上司を立てすぎる

子供がわがまま

ママ友に気を使う

 

よかれ、と思って、

「こうするべき」と思って、

やっていることの根っこが

罪悪感だから。

 

「こんなわたしですみません。」

 

それで、拗ねる。

「だから、相手にされない」

「みんなわたしのこと嫌いなんでしょ」

 

そこからさらに

「どうせわたしなんて」

「だって、こうするべきでしょ」

 

卑下と拗ねと思い込み。

 

だから。

迷ったら、あなたがやりたい方を。

世間とか、人間関係とかではなく。

 

誰かにイヤな思いをさせたら

「ごめん」でよくて

罪悪感はそこで終わり。

ここ、がんばるところ。

 

どんなに被害者ぶっても

(実際つらいのもよくわかる)

相手を攻撃したくても

 

その「問題」が起きることを

許す環境を作ってきたのは自分。

 

根っこは、罪悪感。

 

 

生まれ変わる

ここのところ

疲れやすくてだるいので

短い昼寝をしたり

お酒をやめたり

食事を減らしたり

アロマでリラックスしたり

無理せず日々を過ごしてきました。

体調不良はつらいですもんね。

 

昨日久しぶりに夫が帰ってきて

 

耳の後ろや手指のむくみ

二の腕の皮膚の状態などが

 

「ひどい」と。

 

言われてみれば。汗

 

病院行きなさいといわれ、

皮膚科?内科?なんだろう?

更年期かも?生理前?

 

私は体調については

「言われてみれば」が多くて

自分ではちょっとへんだな?くらいしか

自覚できない。

 

だるいから、横になる

かゆいから、保湿する

痛いから、薬飲む

 

そうやって対症療法でしのいで

いつのまにか悪化してるんでしょうねー。汗

 

そういえば

かゆみだけだったのが

むくみも加わって

だるさも感じ始めて

時々は頭痛もして・・・

 

めっちゃアラート出てる。_| ̄|○

 

症状は「現象」

対症療法しても根治しにくい。

原因は別にあるのだ。

 

私が、私についている嘘。

やりたくないのに我慢してること。

 

やめたいのに、やめられていないこと。

もうイヤなのに、気にしてしまうこと。

 

メンテナンスではなく

生まれ変わる覚悟?で

根治に取り掛かります!

 

「快適なカラダは、快適な人生から」

 

今やりたいことは、快適な人生作り。

他はやらない。

 

さあ行こう。

 

 

 

 

音楽を感じる

音楽は聴くものだと思っていました

 

耳で音を、言葉を拾って

頭で理解し、ココロに感じる

 

それが、ふと見たバレエのレッスン動画で

 

「音楽を体で感じる」ということを

突然体感を伴って

はっとわからせられました。

 

それから

風も

夫の声も

子供の声も

車の音も

 

身体の中をすっとすり抜けていくような

私が輪郭だけの存在になったような

 

感じるとは

こんなに自我を忘れさせるものなのかと

今まで人一倍きつい自我に辟易しながら

世間と折り合いをつけようとしていた私にとって

 

それは別次元にきたような感覚なのです

失敗を怖がるのは

頭の中ではわかってる

 

失敗は成功の元

うまくいかない方法を発見しただけ

失敗はただの経験

 

でもさー

そんなんじゃなくて

一回でそこそこうまくいきたいよね。

 

この「そこそこ」が人によって

失敗と成功のラインなんだろうね

 

でねー。

失敗がなんで嫌かって、

いろんな人のブログを見てたら

(たまたま失敗の話が続けて出てきた)

 

「生き恥」っていうキーワードが出てきたのね。

 

生き恥をさらしてこの先生きていけというのか!

 

っていう、時代劇とかに出てくるやつ。

 

失敗したことを引きずってる前提なんだね。

 

失敗とは、一生消えない汚名、生き恥

お家存続に関わる一大事

切腹してお詫び申し上げる

 

 

そんなん思ったら

なんもできーーーん!怖いわ!

 

失敗が怖い。

 

それは、

生き恥(陰口言われる)

汚名(バカのレッテル)

お家(プライド)存続の危機

切腹(お詫び)

 

って、自分が自分に課してる。

 

周りの人は、「頭で考える」から

「ナイスチャレンジ」

「失敗という経験」

「成功のきっかけ」って思ってるのに

 

自分だけが、ココロで

プライドが、

責任が、

レッテルが、って怯えてる。

 

いいですかっ!

 

みーんな「頭ではわかってる」から

あなたに切腹を迫ったり、

バカのレッテルを貼ったりしない。

 

あなたが「ココロで感じていること」と

全く違うんだ。

 

周りの人は、優しい。

常識人で、思いやりがある。

だから、頭で考えて接してくれる。

 

生き恥、汚名、お家存続の危機

本当かどうか

試してみようぜ!yeah!

子離れ記念日

まだふたりとも小学生だけど。

 

彼らの大丈夫を信じられなくて

口出ししていたけど

 

大丈夫だと信じているから

黙って見守ることにしました。

 

それは私への信頼でもあるから。

大丈夫。

大丈夫。

 

あなたに何があっても大丈夫。

私も大丈夫。

 

そう決めたから

今日は子離れ記念日です。

過保護な心配性のお母さんから

笑って卒業です。