そのココロは?

家族の会話を心理学的に見てみたりしつつ、子供を面白がりつつ、育児とか大げさなことは言わず、家族で暮らすのって楽しーな。くらいで。

働いている人への嫉妬

ふと、昔の職場のことを思い出します

あの人どうしてるかな

まだ続けてるかな

 

仕事を続けているというのは

給与をもらっているということ

収入があるということです

 

ここで嫉妬心がむくむく

 

私のはやめざるを得なかったのに

のうのうと続けてられて

給料もらっていいわね!!!!

 

そしてすぐに思う

 

あの時辞めなくても

結局、辞めてただろうな って

 

あの時の会社に行きたくなかった

あの感覚(身体、気持ち)がリアルに蘇ってきて

もう一日たりとも、あの場所に居たくなかった

 

そうだ!

「辞めたい」ではなく

「そこに居たくなかった」んだ。

 

「別のところに行きたかった」!!

 

別のところに行くために

「辞める」のはプロセスだった。

 

「辞めた」のは結果じゃなかった。

 

そして、別の場所にきたのだ。

死ぬほど嫌いだったあの職場と

二度と関わらない(だろう)場所へ

 

そしたら、ちょっとヒマになって

お金欲しいなーと思ったけど

思ったようにならなくて

仕事をしてる人に嫉妬してるだけ

 

好きな人が振り向いてくれないから

彼氏がいる子に嫉妬してるみたいな

 

ご縁があれば お付き合いが始まるでしょう

ご縁がなければ それまでなのでしょう

 

そして、あの職場とのご縁は大切してきたけれど、

あの職場のあの人とはご縁がなかった

 

自分で自由にできるお金がたっぷり欲しい

 

これは仕事のご縁なのか (^^)

お金とのご縁なのか (^^)

 

楽しみにしています

 

 

 

 

負けるな

負け癖ってあると思う

 

なにか、心の中ですぐに諦めたり

外れてしまう、そんなフックみたいなのがあって

 

ちょっと刺激を与えたりすると

すぐ外れる

 

外れることを普通に思ってると

だんだんゆるくなって

どんどん外れやすくなって

外れる癖がつく

 

やりたくないことはしない

やりたいことだけしよう

 

やりたいことって、

諦めることなの?

 

諦めたくないから、諦めない

 

傷つくとか かっこ悪いとか

外側はどうでもよくて

 

自分を守りたいから、の

リタイアはアリだけど

(これは逃げてるんじゃなくて方向転換ね) 

 

やりたくて諦められなくて

やめたら後悔するってわかってるのに

 

もうやだ。

 

っていうのは、立ち止まるのはいいけど

あきらめたらダメだ

 

負けるな

 

たまには根性論

 

後悔してほしくないし

拗ねて欲しくないから

 

 

しなきゃ、は したくないこと

今日はランチタイムの中途半端な時間に出かける用事があり。

 

ごはん、食べていかなきゃお腹すくよね・・・

時計を見ると11:50

いろいろ一段落したので食べるなら今。

 

何食べようかなー。

作る材料もないので、まんぷくヌードルかな。

 

んんんー???

今、私「食べとかなきゃ」お腹がすく って思ってるね。

で、お腹を満たすのに、「とりあえず」まんぷくヌードル。

 

ってことは

今はお腹が空いてないし、まんぷくヌードルを食べたいわけじゃない。

 

お腹が空いた時に、食べたいものを

おいしく食べられたら、「今」も「その時」も 満たされるよね。

 

タイミングよくお腹が空いた時に食べられるかわからないし

肝心な時にお腹ぐーぐーで しんどい「かも」しれない

 

でも、大丈夫「かも」しれない。

 

先のことを心配して今は自分に必要のないことを我慢してするより

その時に一番いい方法を考えればいいよね。

 

 

 

今まで一番長くやってきたこと

今まで一番長くやってきたこと。

 

仕事?

勉強?

家事?

育児?

地域ボランティア?

習い事?

趣味?

 

そうだね。

どれも精一杯やってきたね

夢中になって

時々いやになって

それでもまたやりだして

壁にぶつかったり

少し諦めたり

諦めきれなくてあがいたり

やっぱり楽しいと思い直したり

才能がないんだと落ち込んだり

 

 

一番長くやってきたのは

「自分」なんだね。

 

あなたとして生きてきた。

誰かに憧れて、誰かみたいになろうとしたのも、あなたで

だけど、100パーセントオリジナルなのが、あなた

 

まだまだこれからも、あなた 

 

なのです。

人は話すきっかけを待っている

仕事柄、話したくないことは聞かないことにしています。

ましてや、本人が望まないタイミングでフィードバックしたり

本人の気づいていないことを伝えたりするのは タブー。

 

それは、ラーメンを夢中ですすっている相手に

ボールを投げるようなもの。

 

え? 今キャッチボールしてた? 取れねーし!

 

言葉に携わる者として、受け取る意志のない相手に

ボールを投げたくないのです。

(もったいない、というよりタイミングではないから)

 

今日、その話をしたら

「え? 全然言って欲しい。」

「言ってくれたら、考えることもできる。」

 

そ、そうなん? (ぱちくり)

 

そうか。

わざわざ自分からは切り出せないけど

・察してほしい

・話すきっかけを作って欲しい

そういうの、あるもんね。

 

なるほどなぁ。

話したそうなこと。

気にしてそうなこと。

 

私も声に出していこう。

教えてくれてありがとね。

 

無意識と言葉と

私たちは、

自分の身におきる出来事に対して

言葉を発する

 

楽しい

嬉しい

悲しい

寂しい

 

それは反応のコトバだ

 

 

恐らくは

というか確信しているのは

 

自分の内側の世界を作るために

言語化すると

 

それが「言霊」になり

言霊の力によって

自分の現実が作られていくということ

 

無意識を言語化する

無意識の力と言霊の力

それによって

自分の内側の世界が

自分の外側に形作られていく

 

無意識を言語化する

口に出す そのパワー

 

Make a wish

感謝

一日100回 ありがとうって言う  とか

感謝が大切だとか

感謝するとココロが豊かになるとか

 

わかったような?

わからないような?

 

私なりに思うことを書くね。

 

怒ってる時は感謝できない。

これは分かるよね。

このヤローって思ってる相手に

ありがとうなんで言えないもんね

 

で、なんで怒ってるか。

怒りは、悲しみと不安の結果なんだ。

あなたは、悲しみと不安の中にいる。

そりゃー感謝の気持ちなんて湧いてこないよね

 

じゃあ、なんで悲しみと不安を感じてるのか。

 

精神的に被害を受けたと思ってるから。

 

もうひとつ掘りさげるよ。

なんで精神的被害者になってしまうのか。

 

優しすぎるから。

損しても周りに合わせた方がいいと

思い込んでるから。

周りに合わせたら時々損するって信じてるから。

 

自分に都合よく願っていい。

 

怒られたら、ムカつくけど。

少し落ち着いたら(何日か後でもいい)

あのやりとりは、なんのメッセージだったのかなーって考えるといい。

 

ムカつく感情にとどまったり

言われた「言葉」を解釈しようとしないで

 

その人とのそのやりとりは

何を知らせたかったんだろうって考えてみる。

色に例えてみるのもいいね。

 

そうやって、自分の中の何かに反応してるってわかると

そのメッセージを伝えるために

「あの人」にその役割をしてもらった、と思える

 

まぁ、ムカつくヤツはとことんムカつくけど。

そういうヤツは、自分の人生の中で、そういう役を演じてくれてると

宇宙から見下ろす感じて鑑賞してればいい。

 

お金をくれたりw

優しく気遣ってくれたり

励ましの言葉をかけてくれたり

 

言葉や態度だけじゃなくて

自分の人生の、登場人物として

演じてくれてるおかげで

自分の好き、嫌い、快、不快を

ちゃんとわからせてもらえる

 

イヤミをいう上司

小言ばかりの義両親

言うこと聞かない子供

 

役割を演じてくれてることに

ありがとう。

 

あなたの人生に要らないキャストなら

台本を書き換えればいいよ。

「退場」とか「所変わって」とかね。

 

あなたが、精神的被害者にならず

幸せで豊かさを得ると決めるだけで

感謝せずにはいられなくなるよ。