そのココロは?

家族の会話を心理学的に見てみたりしつつ、子供を面白がりつつ、育児とか大げさなことは言わず、家族で暮らすのって楽しーな。くらいで。

ハードモード、やーめたっ!!

ぢんさんのポッドキャストの最新のやつ。

「つらい思いをしたい変態」の話ね。

 

私ならやれる

私なら我慢できる

私なら乗り越えられる

私なら、、、

 

激辛にチャレンジしたくなるのと同じように

「いっとく?」って

「どうせならハードなやつ」を

オーダーしてしまう。

 

そして

 

うっわーーーーー!!!!!

ちょ、ちょ、ちょ!!!!!

待って!

無理、やっぱ無理!

 

 

ってことが起きて

めっちゃ慌てて、泣いて、騒いで、悩む。

 

これね、ものすごく身に覚えがある。

ありすぎて泣けてくる。

っていうか、笑えた。

 

自分のドMっぷりに。

 

漫画でよく出てくる

ヘナヘナ、、、、って座り込むやつ。

まさにアレ。

 

自分では、チャレンジしているつもり。

 

頑張れば、乗り越えられる

限界まで頑張ればなんとかなる

 

自分はどんなに我慢してもこの子は立派に育ててみせる

 

どんなに痛くても自然分娩する

 

どんなにつらくてもひとりでやり遂げる

 

って、

我慢とセットの覚悟は、やっぱり

「我慢と覚悟」の出来事を呼ぶ。

 

だって、そう願ってたわけだから。

 

こういう我慢をベースにしたおかしな自己信頼は

もーいらないのね。

いらないの。

 

今までそうやって、

「すごいわー」

「さすがー」

「がんばったねー」 をもらってきた。

そして、

自分は「がんばれば」やれるんだと

だからみんなから「認められる」んだと

 

努力し続ける私、強くてかっこいい。

 

 

でもさ、、、

実は私、弱っちぃだもん。

実は私、世間知らずのバカだもん。

実は私、怠け者だもん。

 

かっこいいって思われたかっただけだもん。

 

この回のぢんさんのポッドキャスト

20回くらい繰り返し聴いて

ハードモードのバカバカしさに決別しました。

 

で。

執事(脳内。イケメン)が

甲斐甲斐しく尽くしてくれることにした。

 

だから私は優しくしてもららる
だから私は大切にしてもらえる
だから私は助けてもらえる

 

そして週末の二日間。

温泉、送迎、プレゼント、ケーキ、優しい言葉

 

本当にお嬢様扱い。(≧∇≦)

なにもねだってないのに。笑

 

甘やかされモード、イージーモード。

甘々、最高。

 

ふわふわ

改め

甘々な毎日へ。