そのココロは?

家族の会話を心理学的に見てみたりしつつ、子供を面白がりつつ、育児とか大げさなことは言わず、家族で暮らすのって楽しーな。くらいで。

巫女と呼ばれたオンナ

仕事が忙しかった頃、コーチをつけており。

「Chishanは、巫女みたいね。巫女。」って言われました。

 

巫女。

リスクを予言し、回避するための助言ができるから、だそうです。

 

リスクを予言。。。見えちゃうんですよ。そこはばっちり。

ある意味、怖いくらい。

でも、リスクは「これから起きる」ものですから

回避ができるんです。

きちんと回避していけば、仕事はスムーズに流れる。

 

これを思い出したのは、この「巫女」によって自虐的になりすぎるから。

すぐにリスクや不都合を見つけてしまう。

こうなったらどうしよう、ああなったらどうしよう。

だから、こうしておかなきゃ、あれもしておかなきゃ。

 

これから起きる「かも」 しれないことに振り回され

いろんなことを見失う。

表面上は「なにも起きていない」けれど

私の中は、嵐が吹き荒れた後のようなさんざんな疲れっぷり。

 

だから、こんな才能、いらなかった。

心配や不安ばっかりで、生きにくくなるだけ。

なにも感じなければいいのに!

 

そう思っていた。

 

ら。

 

リスクや不都合をすぐに見つけるのは

自分を大切にしているから、だよね?

余計な苦労をしないために、

転ばぬ先の杖を、いち早く用意させてるんだよね?

自分を大切にするための、すごい才能じゃない?

 

苦労ばかりだと思っていた「巫女」は

自分を大切にするための才能だった。

 

あはーーーーーーーーーーー _| ̄|○

超ウケる!!!!

 

なにしてんだ、私。

すごいじゃん、私。

 

憑き物がごっそり落ちました。

(体重は減らないw)

 

甘々な毎日へ。