そのココロは?

家族の会話を心理学的に見てみたりしつつ、子供を面白がりつつ、育児とか大げさなことは言わず、家族で暮らすのって楽しーな。くらいで。

自信ではなく自心

ぼくは「自信」ではなく、「自心」と書いています。

その理由は、自信では、自分を信じるという意味ですが

ぼくの自心は自分の心のままにといういみがあります。

 

 

息子Mがノートに書いて見せてくれました。

そして「自信とは勇気だと思う」と。

 

自信がない、のはいけないことでもダメなことでもない。

そもそも自信なんて、あってもなくてもどうでもいいもの。

 

甘々な日々は続く。