そのココロは?

家族の会話を心理学的に見てみたりしつつ、子供を面白がりつつ、育児とか大げさなことは言わず、家族で暮らすのって楽しーな。くらいで。

学校に行きたくないなら

息子Mが三年生の頃、

学校に行きたくないと言い始めた。

 

理由は薄々気づいてたけど、

本人の口から説明してもらった。

それは、私との情報共有のため。

 

そして、好きなだけ休ませた。

一緒に水族館行ったり、美術館行ったり

ちょっと高級なレストラン行ったり。

 

どんなに些細だと思えることでも

本人には、我慢の限界だから。

 

ココロをチャージする方法を学ぶチャンスだし。

 

私は習い事も学校も休ませてもらえず、

親に相談するくらいなら、

つらくても学校に行く方がマシだと思ってた。

 

学校を休むなと親に怒られ、理解されない絶望を味わい、

その上、学校に行かなきゃいけないなら、

黙って学校行ってたほうがダメージ少ない。w

 

結局、学校も家もイヤでサボって補導されて、

警察から学校、学校から親へと連絡があって。

 

逃げ場なし。

 

親からは、内申書がどうの、進学がどうのと、受験の話ばかりされて

責められた。

 

そこじゃないんだけどなぁ。

 

マズローの欲求の段階でも、

下から、生理、安心、所属だって言ってるよね。

 

安心欲求も満たされてないのに、

所属欲求が出てくるかってーの。

 

まずは、生理的欲求。

十分に寝て、食べて、排泄する。

それから、安心欲求。

安全な所に身を置く。

 

学校は、その後。

 

もうすぐ夏休みが終わる。