そのココロは?

家族の会話を心理学的に見てみたりしつつ、子供を面白がりつつ、育児とか大げさなことは言わず、家族で暮らすのって楽しーな。くらいで。

怒ることは無力感を確認しあうこと

風邪をひいた息子M。

もう少し眠ってから病院へ行くというので

その間にスーパーへ。

 

はらまき、レッグウォーマー、リンゴ、

ティッシュ、ほうれん草、パン

 

身体を温めるもの、食べられるものを。

 

帰宅したら熱が下がってた。

それでも咳がひどいので病院へ連れて行くことに。

(今日、車出すの3回目ですよ。。がんばってる、私!)

 

帰宅して薬を飲ませる。。。

案の定、オエっと。。。

 

そう。息子Mは薬が飲めない。粉も錠剤も。

 

せっかく病院に連れて行っても薬が飲めない。

30秒の診察で「風邪ですねー」って見通しがわかるだけ。

薬飲めないので、結局は自然治癒でを待つのみ。

 

オエっとされると

「きったないなー」とか

「飲まないと治らないんだけど!」とか罵倒してしまう。

 

でも、

怒ることは無力感を確認しあうこと。

こんな時に、お互いが無力だと確認しあったって

悲しくなるだけだ。

 

せっかく病院に連れて行ったのに薬を飲めないこと、

頑張って飲もうとしているけど

怒ったって、飲めないものは飲めない。

 

「・・・大丈夫?」(可能な限り優しく言ったつもり;)

タオルを渡してキッチンへ退避。

 

飲めなくてもいいや。

明日も学校休んでもいいや。

 

「ママー。全部飲んだよー」

 

え? 飲めたの?全部?

今年一番の驚き。

 

飲めない息子、飲ませられない私。

怒ることは、無力感を確認しあうこと。

 

もう、やめてもいいんだね。